アメリカのユネスコ脱退の意味は?/世界遺産と真の理由は戦争か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードサーチ

アメリカとイスラエルに何が起きた?

アメリカとイスラエルが立て続けに2018年末のユネスコ脱退を表明しました。

これを受けて中国を始め多くの国が批判しています。

アメリカとイスラエルはなぜユネスコを脱退したか

そもそも発端は2011年のパレスチナのユネスコ加盟です。

パレスチナの天敵イスラエルと同盟関係にあるアメリカは2011年にユネスコへの拠出金を止めました。

そしてユネスコがヨルダン川西岸にあるパレスチナ自治区の「ヘブロン旧市街」を世界遺産に登録すると決定したことがきっかけで、イスラエルはユネスコへ猛抗議。

というのもヘブロンにはユダヤ人の祖先であるアブラハム、イサク、ヤコブとその妻たちが埋葬されているとされている墓とイスラム教の史跡があり、ユダヤ教とイスラム教両方の聖地となっていることが関係しています。

ヘブロン旧市街では20万人のパレスチナ人とユダヤ人入植者百人と衝突が頻発しているのです。

ユネスコは聖地の呼び名をユダヤ名の「神殿の丘」でなくイスラム名の「ハラム・アッシャリーフ」とだけ記載し、イスラエルは問題視してユネスコを批判していました。

これを受けてイスラエルは国連への拠出金を100万ドル減らす措置を表明。

つまり、アメリカとしてはパレスチナ加盟の抗議と、思い通りにならないユネスコへの拠出を止め、更に脱退による支出削減の意味があるわけです。

イランとイスラエルが対立する理由/すぐ分かるまとめ

スポンサードサーチ

そもそもユネスコとは?

国際連合の経済社会理事会に下に置かれた、教育・科学・文化の発展と推進をもう敵とした専門機関で、「二度と戦争をしない」という目的をもって世界中の人々に教育、文化を伝える機関で1946年に設立されました。

世界遺産を登録するのもユネスコです。

ユネスコの分担金の最大拠出国はアメリカの22%、続いて日本の9%ですが、現在アメリカは拠出を止めていますし、アメリカのユネスコ脱退が決まれば日本がユネスコへ最大拠出国となります。

アメリカとしてはこれだけユネスコへお金を払っているのに反イスラエル的に世界遺産を登録したユネスコに対して抗議の意味で拠出を止めており、今回正式にユネスコ脱退するわけです。

ちなみにアメリカは1984年にも一度ユネスコ脱退してしています、当時はソ連とソ連寄りの国に抗議する為でした。

その後2003年にユネスコ復帰し、また今回脱退するという流れです。

アメリカのユネスコ脱退の真の理由は戦争か

まずはこちらをご覧ください。

1984年 アメリカ、ユネスコ脱退
1991年 湾岸戦争
2003年3月 イラク戦争
2003年10月 アメリカ、ユネスコ再加盟
2018年末 アメリカ、ユネスコ再脱退予定

つまり、アメリカとしては平和を謳うユネスコに加盟していて戦争をすると国際的非難を受けるので一旦脱退して戦争を始めているのではないかとで推測が立っています。

スポンサードサーチ

アメリカはどの国と戦争するのか

アメリカの狙いが戦争だとして、どこと戦争するのかといえば国際情勢を考えると北朝鮮の可能性が高いです。

いつ戦争が始まるかは分かりませんが、上記の仮定が正しければ2018年末まではないでしょう、アメリカは2018年末にユネスコから脱退するので。

但し、狙いがISISなどの場合はすぐに軍事行動に出る可能性もあります。

トランプ率いる共和党は軍事産業と近いこともあり、戦争したがりですから。
共和党のブッシュ元大統領がイラク戦争をしかけたのは記憶に新しいです。

ロシア機墜落事故まとめ/原因やモスクワ郊外で墜落時の動画

アメリカが戦争をする可能性が高い理由

アメリカが建国された1776年以降で、アメリカが戦争をしていなかった期間は27年間しかないという事実があります。

1892年までは国内で先住民との戦争が多いですが、それ以降、特に第二次世界大戦以降は世界中で戦争を仕掛けています。

例えば冷戦下で韓国、フィリピンを占領、ギリシャ上陸、朝鮮戦争、グアテマラ、ベトナム戦争、アフガニスタン、ペルシャ湾、パナマ、イラク、ハイチ、パキスタン、イエメン、ソマリア、リビア、シリアなど。

注目すべきは5年以上戦争をしていないことはこの間1度しかありません。

これを考えるとアメリカが戦争を仕掛けるのは陰謀ではなく確率的にあり得る話ということが分かると思います。

モンテッソーリ教育の方法/子どもはまず観察しなさい!

スポンサードサーチ

まとめ

・アメリカは同盟国のイスラエルの考えを尊重するためにユネスコ脱退する。

・アメリカは財政難なのでこれを機に支出を減らすことができる。

・アメリカの過去の歴史を考えると数年以内に戦争を始める可能性が高い。

ちなみにユネスコを脱退する理由が、戦争をなくす機関に所属している時に戦争を始めると国際社会の非難を受ける」

と考えている人が多い様ですが、そもそもアメリカは国際法をよく破っています。

そもそも、戦争を始めてよい条件としては、

1.他国に攻められた場合(自衛権) 

2.国際安保理が攻撃承認した場合

イラク戦争ではアメリカはどちらも満たしていませんが、戦争を始めて、更に大量破壊兵器も出てきませんでした。

国際社会から非難されましたが、アメリカは今でも世界NO1の経済大国を保っています。

このように今更国際世論を気にするか?という気もしますが、国内の世論対策ということもあるかもしれません。

北朝鮮に近い日本としてはアメリカの今後の動向は気になる所です。

 

Share

スポンサードリンク

この記事も良く読まれています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Share
Share