加藤英明がマダガスカルでレア爬虫類探し/クレイジージャーニー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

爬虫類ハンター加藤英明さんを知っていますか?

爬虫類のことならなんでも詳しく、饒舌な人、それが加藤英明さんです。
クレイジージャーニーに出演して有名になり爬虫類ハンターの異名を受けました。
今回は超レアな爬虫類を求めてマダガスカルにいった話です。

加藤英明さんとはどんな人なのか?
加藤英明さんの爬虫類への愛情とは?
マダガスカルの爬虫類の実情とは?

その辺り簡単に紹介します!

スポンサードサーチ

加藤英明さんとは?

 

1979年生まれ、静岡県焼津市出身。

爬虫類マニアであり、爬虫類ハンターであり、爬虫類のDNAを採取して進化の過程を研究する静岡大学の講師でもあります
クレイジージャーニーに出演したことで他局からの問い合わせが殺到したとか。
本も出版してますし、業界人の中では超有名人のようですね。
そして既にクレイジージャーニーってかなり人気番組だということが分かりますね!

加藤英明さんマダガスカルへ

マダガスカルとはどこ?

マダガスカルは日本から飛行機で30時間、世界第4位の島で、広さは日本の1.5倍、生息している生物は90%以上が固有種という特別な場所です。
爬虫類好きの加藤英明さんとしてはよだれだ出るような土地なわけです。

今回のマダガスカル旅の目的

孵化してから5か月しか生きられない奇跡のカメレオン
幻の陸ガメ、マダガスカルにしかいない超レアなカメ

この2種類を探します。
特に、加藤英明さんでもカメレオンは見たことがないというのですから相当なレアさです。

幻のカメを探しにソアララへ

加藤英明さん、まずはマーケットへ寄ります。
というのは、こういう何でもないような市場に絶滅危惧種がひょっこりいたりするというのです。
そっそくマーケットに入ると、入口でいきなりナイルワニ、ニシキヘビ、ホウシャガメなど保護対象や絶滅危惧種になっている動物に次々遭遇。


試しにカメの価格を聞くと一匹2,000円だとか。
外国人向けの価格でで2000円ですので、普段地元に人向けにはもっと安くしているはずです。
ちなみに日本では1匹20万―30万円で取引されていたりするというのだから驚きです。

現地従業員の彼らはこれらの爬虫類が絶滅危惧種だということは全く知らないし気にもしていない様子。
ちなみに現地人の収入は月収3千円くらいとのこと。
つまり例えばこのカメが10匹くらい売れると彼らの1年分くらいに匹敵する収入になるので販売を止められないというのが現実のようです。
クレイジージャーニーの良いところはこういったところから途上国の現状を知れるところですね。
勿論爬虫類の知識が豊富で現状の問題を知っている加藤英明さんも素晴らしいです。

ヘサキリクガメに遭遇

加藤英明さんはソアララで一生懸命カメを探しましたが中々見つからない。
しかし幻のカメ、突然あらわる。

それがヘサキリクガメ。

日本では2匹700万円で取引されたこともある正真正銘絶滅危惧種です。
今回の雄カメの重さは8㎏ほど、繁殖期ということもありちょっとした刺激で生殖器が出てきます。

これは凄い映像だ。

しかしながら加藤英明さんが見つけたヘサキリクガメの甲羅には人為的なマークがしてあり、尚且つGPSがついていた。
つまり一度保護されてから野生に返されたカメということです。
加藤英明さんは天然のヘサキリクガメを探したく、数時間歩き回ります、そして無事探し出します!
地元の人でも無理だ、止めておけというくらい希少なカメでしたが、探し出したのは加藤英明さんの執念と言えるでしょう。
ちなみに費やした時間は約9時間です(汗)

スポンサードサーチ

幻のカメレオン

加藤英明さん、今度の場所はマダガスカル西部のキリンディ、気温40度の中幻のカメレオンを探します!
加藤英明さんの作戦は、捕食の為に木から降りてくる時間帯を狙って探すことです。
しかしながら、7時間探しますが中々幻のカメレオンは見つからない。

しかし、ついに、ついに、幻のカメレオン、ラボードカメレオンを発見します!!

子どもなので大きさは10㎝、5か月経つと最大で30㎝になるみたいです。
小さいので見つけるのが非常に難しですが、見つけると動きが鈍いのですぐ捕まえられます。
ちなみに加藤英明さん曰く、ラボードカメレオンは、枝先に丸まって外敵に備えて寝ます。
蛇などが近づくと枝が揺れるので気づき、ぽとっと下に落ちて逃げるというわけです。


そして枝から落ちた時は動かず死んだふりをするのが確認できてそれも加藤英明さんは感動してました。
知識としては知っていたが、本当に死んだふりをするのを目撃したのは初めてだからとのことです。
初めて見た爬虫類で尚且つ超、超レアだからか、加藤英明さんは終始興奮状態で解説を止めませんでした(笑)

まとめ

 

爬虫類ハンター加藤英明さんのマダガスカル編はいかがでしたでしょうか?
幻の爬虫類というのも知らなかったですし、それに対する加藤英明さんの詳しい説明で爬虫類に興味が出てきた人も多いのではないでしょうか?
流石、爬虫類ハンターの異名を持つだけのことはあります。
また次回のクレイジージャーニーに出演するのが楽しみですね!
クレイジージャーニー今回も面白い映像をありがとう。

Share

スポンサードリンク

この記事も良く読まれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Share
Share