ランサムウェアとは?問題と解決策/ブロガー救世主とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今世界で何が起きているのか?

2017年の3月15日にMicrosoft製品の脆弱性を修正するプログラムMS17-010が発表されまし
た。
この脆弱性に目をつけられてランサムウェアの感染が始まり、世界中で被害が出ています

特にイギリスでは医療機関にて感染して業務が止まるなどして深刻な悪影響が出ています

PCのウイルス対策などセキュリティは以前から注意喚起されていましたが、ランサムウェ
アは今までのウイルスと何が違うのか?

ランサムウェアに感染するとどうなるのか?
ランサムウェアの感染経路は?
ランサムウェアに感染したらどうすればよいのか?

その辺り紹介します。


スポンサードサーチ

ランサムウェアとはそもそも?

Ransom(身代金)とSoftware(ソフトウェア)を組み合わせた造語です。
なぜこんな名前が付いたかというと、感染したPCをロックしたりファイルを暗号化して利
用制限をかけて、その制限解除と引き換えにお金を要求するからです。
誘拐して身代金を要求するのに似ていますよね?
なのでRansom(身代金)+Softwareで「Ransomware」という名前が付きました。
身代金要求型不正プログラムなわけです。

ランサムウェアの感染経路

スパムメールや良く使用するサイトの疑似サイトから脆弱性をもろについてくる不正サイ
トにジャンプして感染させられます。
スマホではAndroidの感染が多く確認されています。

スポンサードサーチ

ランサムウェアに感染するとどうなるか

PCが操作できなくなる。
PC内のファイルが全て暗号化される
身代金を払わないと元に戻せない(ビットコインで支払い)
ランサムウェアをもし駆除してもファイルは暗号化されたまま

ランサムウェアの被害状況

日本では日立製作所やJR東日本、イオンで被害が確認されています。
今の所業務に支障はないとのことですが、他の企業も感染しているが気づいていないパタ
ーンもあるとのことで、感染数はもっと多いとされています。
海外では100か国の病院や銀行、鉄道駅、ガソリンスタンド、運送会社、通信会社などで
感染が広まっており、業務に支障が出ています。
既に7万台以上のPCの感染が確認されています。

スポンサードサーチ

ランサムウェアの感染対策

ウィルス対策してない場合はすぐに導入すること。
もしくはPCに入っているウイルス対策ソフトを更新する

不正サイトへのアクセスをブロックするようにセキュリティ設定する。

よく分からない不審メールは絶対に空けないこと。
特に添付ファイルがついている場合は絶対に空けないでください。

脆弱性を解消する為に修正プログラムを使用する

Windows10の場合
Windows10以外の場合

もしランサムウェアに感染してしまったら

相談窓口

情報セキュリティ安心相談窓口
ランサムウェアの種類を特定したい場合

このWebサイトにファイルのサンプルをUPするとランサムウェアの種類を特定してくれま
す。

スポンサードサーチ

問題解決する救世主登場か/ブロガーヒーロー

ランサムウェアの機能を一時的に止めて感染の拡散を食い止めることができる”キルスイ
ッチ”が匿名ブロガーによって発見されて現在話題となっています!
そのブロガーさんはイギリス人のTwitterアカウント @MalwareTechBlog さん。
彼は22歳のPCセキュリティ専門家で、今回の”キルスイッチ”は偶然発見したという。

 

まとめ

ランサムウェアという新たな攻撃により、世界でITセキュリティに関する意識が高まって
います。
まずはランサムウェアに感染しないことが大事なので、予防をしましょう。
そしてもし感染してしまった場合も慌てずに相談窓口に連絡しましょう。
今後はランサムウェアのキルスイッチが発見されたとはいえ、早くアップデートしたりす
ることが大事ですので個々で対策をしましょう。
事前にきちっと対策していればランサムウェアの感染は防げるものです。

Share

スポンサードリンク

この記事も良く読まれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Share
Share