アッカーマン家の秘密と歴史まとめ/強い理由と弱くなる原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
進撃の巨人/アッカーマン家の

 

進撃の巨人で

ミカサかっけー!

リヴァイかっけー!

と思うけど、ふと

「こいつらなんでこんなに強いねん?」

って思ったことありません?

知らない方の為にアッカーマン一族の秘密をここで紹介しちゃいます。

スポンサードサーチ

アッカーマン家の人々

ミカサ・アッカーマン

進撃の巨人/アッカーマン家の

ミカサ・アッカーマンは言わずと知れたエレンの幼馴染。

ミカサ・アッカーマンの両親が強盗に殺された時からエレンの家で引き取られて一緒に暮らしている。

ミカサの母(東洋一族)

進撃の巨人/アッカーマン家の

ミカサの母は東洋の血を引いていて、ミカサ・アッカーマンとミカサ父とシガンシナ区で暮らしていた。

東洋一族の印をミカサ・アッカーマンに入れた後に自宅に押し寄せた強盗犯に刺殺されてしまう。

すぐ分かる進撃の巨人/巨人化の仕組みや座標、継承者の解説

ミカサの父(アッカーマン一族)

進撃の巨人/アッカーマン家の

ミカサの父はアッカーマン一族であり、ケニー・アッカーマン達本家とは違う分家に当たる。

ミカサの母と同様、強盗犯に殺されます。

リヴァイ・アッカーマン(ケニー爺の孫)

進撃の巨人/アッカーマン家の

調査兵団で、というか人類最強とされている男。

母クシェル・アッカーマンが病に倒れた時餓死寸前のところをクシェルの兄であるケニー・アッカーマンに拾われる。

その後王都の地下街で窃盗団のリーダーになったリヴァイ・アッカーマンですが、エルヴィンと出会い調査兵団の一員となる。なお独学で立体起動装置は修得していた。

リヴァイ・アッカーマンが調査兵団に入団する前の話は”進撃の巨人悔いなき選択”で詳しく語られている、アニメ版がレアでお勧めだ。

 

 

リヴァイの母(アッカーマン一族でケニーの妹)

進撃の巨人/アッカーマン家の

名前がクシェル・アッカーマンといい、王都地下街の娼館で働いていた。

リヴァイ・アッカーマンはこの時に身ごもった子ども。

病気で恐らく死亡しているが不明。

※リヴァイの父はアッカーマンであるか不明。
恐らくただの客だが不明。

ケニー・アッカーマン

進撃の巨人/アッカーマン家の

中央第一憲兵に属し対人制圧部隊の隊長だったがリヴァイ・アッカーマンとの戦いで死亡。

その昔ウーリ・レイスを襲うも失敗、その際今までのアッカーマン家への仕打ちを誤るウーリの姿に心動かされウーリの下で働くことを決意。

ロッド・レイスを利用して始祖の巨人の力を使おうと企むが、王家の血を引いていないと巨人の力を発揮できないことを知り絶望。

ケニーの爺(アッカーマン一族)

進撃の巨人/アッカーマン家の

ケニーにアッカーマン一族や王家の秘密を語った人物。

物語上非常に重要な情報を語ってくれました。

アッカーマン家の歴史

 

レイス王による記憶消去

進撃の巨人/アッカーマン家の

 

アッカーマン一族はレイス王家の側近だったが、東洋一族とアッカーマン一族は(壁外の)記憶が消せないことが判明し
恐れられ一族をほぼ殲滅させられる。

(初代レイス王は当時壁を作った時一緒に連れてきた人々から壁外の記憶を消した。)

レイスとフリッツ王家の秘密と違い、家系図/3分で進撃の巨人

アッカーマン一族の迫害

進撃の巨人/アッカーマン家の

東洋人とアッカーマンは壁外の記憶を黙認せず、王に歯向かった為、断絶はしなかったがアッカーマン一族は数人まで減らされ迫害される。

 

断絶しなかったのは、ケニーがウーリレイスと戦い、戦いの中でケニーが彼の下で働き始めると決めたから。

スポンサードサーチ

アッカーマン一族の共通点

異常に戦闘力が高い

進撃の巨人/アッカーマン家の

ミカサやリヴァイの強さは異常です。

特に力に覚醒したときのミカサは床板を踏み砕いています。

進撃の巨人/アッカーマン家の

これは子供では通常ありえないですよね。

ある時に急に力に目覚める

進撃の巨人/アッカーマン家の

戦わざるを得ない状況に追い込まれたら、または死に直面したら?

具体的には分かっていないがミカサもリヴァイも同じような酷い状況で力の覚醒を感じている。

アッカーマン一族が力に目覚める条件

進撃の巨人/アッカーマン家の

まだはっきりしていませんが、死に直面する、戦わざるを得ない状況に追い込まれる、などが考えられます。

例: リヴァイは地下街で日常的に戦闘をしていた、ミカサは両親を殺された時に犯人を倒すために目覚めた。

ミカサの父はアッカーマン一族だったのに強盗にあっさり殺されたため恐らく力に覚醒していなかったと考えられる。

少なくともリヴァイ・アッカーマンは以前ミカサ・アッカーマンに

 

「ある時突然バカみてえた力が体中から湧いてきた体験があった」と語っています。

 

アッカーマン一族が何故強いか分かっていること

進撃の巨人/アッカーマン家の

アッカーマン一族の力は巨人科学の副産物ということが判明してます。

つまりアッカーマン一族はマレー政府によって人工的に作られた存在ということ。

アッカーマン一族が記憶改ざんの力を受けないのはこの為と考えられます。

ミカサ・アッカーマンの頭痛もこの辺りに関係しそうです。

「二千年後の君へ」の意味とミカサの頭痛/進撃の巨人のネタ

また、アッカーマン一族は

 

「人間のリミッターを意図的に外すことが出来る」

 

ともされています。

通常の人間は限られた時しか本来の力を発揮できません。

いやゆる「火事場の馬鹿力」ですね。

アッカーマン一族は常に本来の力を出せるから強いともされています。

スポンサードサーチ

アッカーマン一族の力は弱まる?

進撃の巨人/アッカーマン家の

21巻でアルミンと隊長のどちらに巨人化の薬を使うかの場面で、リヴァイ・アッカーマンの力が弱まりミカサ・アッカーマンに圧倒される。

その直前にリヴァイ・アッカーマンの身体から蒸気が出ているのが目撃。

これがリヴァイ・アッカーマンの力が弱まった原因か?

進撃の巨人/アッカーマン家の

そのミカサ・アッカーマンとの衝突前にリヴァイ・アッカーマンは3,4m級の巨人討伐を新人調査兵団を助けつつ行う。

進撃の巨人/アッカーマン家の

その後リヴァイ・アッカーマンは獣の巨人を取り巻く15m級30体以上を倒す。

進撃の巨人/アッカーマン家の

リヴァイ・アッカーマンはその後獣の巨人とも対決する。

 

庵アスク胃つまり、ミカサ・アッカーマンとの衝突前にリヴァイ・アッカーマンは単純に疲れていたとも考えられる。

巨人科学の副産物と考えると、巨人の力に限りがあるようにアッカーマンの力にも限界があると考えられる。

進撃の巨人の時系列まとめ/ネタバレ・話の流れを最新話まで

Share

スポンサードリンク

この記事も良く読まれています。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

Share
Share