進撃の巨人の時系列まとめ/ネタバレ・話の流れを最新話まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

進撃の巨人って面白いけどちょっと話が複雑で良く分からないところがある・・・

 

そんなことないですか?

 

または、進撃の巨人が好きでしょうがないけど、ちょっと話を整理する暇もない・・

 

そんな方々の為に進撃の巨人の話を時系列にまとめました。

 

勿論話の細部は省略してますが、重要なポイントは時系列にまとめているので大まかな話の流れは分かると思います。

 

 

そもそも巨人はいつ生まれたのか?
なぜエレン達は壁の中にいるのか?
進撃の巨人って食べれるのか?

 

そんな疑問がある方にもおすすめの進撃の巨人を簡単に学べるまとめ記事となっております。

 

「二千年後の君へ」の意味とミカサの頭痛/進撃の巨人のネタ

レイスとフリッツ王家の秘密/3分で進撃の巨人が更に面白い】

すぐ分かる進撃の巨人/巨人化の仕組みや座標、継承者の解説

 

今まで飛び飛びで進撃の巨人を読んでいたので、話を忘れているという方は特にオススメです、何しろ時系列に出来事がまとめてありますので。

 

進撃の巨人ファンならまとめを読んでるだけで漫画の情景が思い浮かんでにやにやしてしまうかも(笑)

それでは進撃の巨人を時系列にまとめた記事をご覧ください。

アッカーマン家の秘密と歴史まとめ/強い理由と弱くなる原因

スポンサードサーチ

進撃の巨人・1820年前

ユミル・フリッツが大地の悪魔と契約、巨人の力を手にする。

ユミル・フリッツは巨人を9つ(始祖、車力、獣、鎧、超大型、女型、顎、戦槌、進撃の巨人)に分けでエルディア国を作り上げる。

 

エルディアはマーレ国と戦い世界を支配する。

エルディア人は他民族も下等種族と決めて弾圧、無理やり子供を産ませてユミルの民を増やす。

この民族浄化が約1700年続く。

進撃の巨人・743年

巨人大戦にてマーレ国が9つの巨人のうち7つの巨人の力を手に入れてエルディア国に勝利する。

エルディア国が負けて145代フリッツ王がパラディ島に壁を築き不戦の契りを交わして戦わない世界を作る

この時エルディア人残党は大陸に残される。

その中には王族の末裔も残っており、その最後の一人がダイナ・フリッツ(グリシャの妻)だった。

スポンサードサーチ

進撃の巨人 815年頃?

グリシャの妹がマーレ政府によって殺害される

進撃の巨人 825年頃?

グリシャとダイナの子どもであるジークが生まれる。

スポンサードサーチ

進撃の巨人 832年頃?

グリシャとダイナの子どもであるジークの密告により、エルディア国復権派が捕まり楽園送りになる。

グリシャ以外の仲間は巨人にされるか巨人に喰わされる目に。

進撃の巨人を保有するフクロウ(クルーガー)の助けによりグリシャは助かり、進撃の巨人の力を継承、壁を目指し中へ入ることに成功。

 

この時フクロウの話で明らかになったことは以下。

・9つの巨人の能力を手にしたものは寿命が13年になること。

・第145代フリッツ王は始祖の巨人と不戦の契りを交わしていること。

・エルディア人は目に見えない道で繋がっており、その全てをコントロールする座標が始祖の巨人だということ。

 

進撃の巨人 835年

エレン、ミカサ、アルミンなどが生まれる

スポンサードサーチ

進撃の巨人 844年

 

ミカサの両親が殺害され、ミカサがアッカーマンの力に目覚めて犯人を殺害する。

ミカサがイェーガー家に居候となる。

進撃の巨人・845年

パラディ島へライナー、ベルトルト、アニ、マルセルが始祖の巨人奪還の為入島するが、途中無垢の巨人であったユミルにマルセルが食べられる、顎の巨人がユミルへ継承される。

シガンシナ区に超大型巨人(ベルトルト)が現れる。

 

シガンシナ区とウォールマリアの壁が破壊され、多くの巨人が中へ侵入、壁の中の人々を捕食。

この時エレンの母親であるカルラも無垢の巨人(ダイナ)に捕食される。

 

 

 

エレンの父であるグリシャがレイス家に接触、始祖巨人を持つフリーダ・レイスを捕食して始祖の巨人(座標)の能力を奪う。

この時その場にいたレイス家の人々を皆殺しにします。

 


その後グリシャはエレンを森に連れていき、「母さんの仇はお前が打つんだ!」と巨人化の注射をエレンに打ち、自らをエレンに捕食させる。

これでグリシャの死亡と引き換えにエレンが進撃の巨人と始祖の巨人を引き継いだことになる。

 

ヒストリア(王家)は父親であるロッド・レイスと対面するが母親を殺される、生かしてもらう代わりにクリスタとして生きることとなる。

進撃の巨人・846年

ウォールマリア奪還作戦で人口の2割である25万人が命を落とす。

進撃の巨人・847年

エレン達が調査兵団104期生として入団。

進撃の巨人・848年

第34回壁外調査にて調査兵団のイルゼが言葉を話し”ユミル様”を呼んでくる巨人と遭遇、殺害されるが一部始終を書き記したメモを残す。

進撃の巨人・849年

リヴァイがイルゼの記した手帳を発見、戦果だとコメントする。

進撃の巨人・850年

超大型巨人が再来、トロスト区に穴が空けられる。

エレン、アルミンを助けて巨人に飲み込まれるが、進撃の巨人に巨人化して助かる。

進撃の巨人の流れ、時系列で解説、最新話まで

その後進撃の巨人の力で大岩を運びトロスト区の壁を塞ぐ。

進撃の巨人へ巨人化したエレンは軍法会議にかけれる、リヴァイ班の責任で管理することに。

超大型巨人再来から一か月後、調査兵団の第57回壁外調査を実施したところ、女型の巨人(アニ)が出現し、エレンが誘拐されるが、リヴァイの活躍で救出。


その後アルミンの知恵により女型の巨人の正体をアニと推理、罠にかけてアニを捕らえるが硬質化してしまい、情報が得られず。

進撃の巨人の流れ、時系列で解説、最新話まで

この時の戦闘で壊れた壁の中に巨人が見つかり、壁が巨人によってできていることが判明する。

ウォールローゼ内に突然大量の無垢の巨人が出現、獣の巨人が初めて姿を現し、言語を話す。

進撃の巨人の流れ、時系列で解説、最新話まで

巨人に囲まれたヒストリア達を救う為にユミルが巨人化して窮地を救う。

進撃の巨人の流れ、時系列で解説、最新話まで

その後エレンはウォールローゼ壁上にて突然、ライナーとベルトルトから「俺たちは巨人」とカミングアウトされる、ミカサがライナーの首を斬ろうとするが、一歩遅く巨人化される。

 


自分たちの町を壊した犯人がライナー達だったことに怒り狂ったエレンも進撃の巨人へと巨人化して戦闘するが、鎧の巨人を使いこなすライナーにぼこぼこにされて誘拐される。

 

誘拐されたエレンを追って調査兵団が追いつきエレンを奪還するが、無垢の巨人たちに囲まれて調査兵団全滅の危機、この時ハンネスはカルライーター(ダイナの巨人)に食われる。

進撃の巨人の流れ、時系列で解説、最新話まで

エレンがカルラ・イーターにパンチした瞬間に、エレンの座標が発動して周りにいた無垢の巨人を操りライナー・ベルトルトを撃退する。


その後ウォールマリア奪還の要として進撃の巨人を硬質化させて壁の大穴を塞ごうと試みるが難航。

エレンとヒストリアが憲兵団に誘拐される、この時ロッド・レイスの発言によりレイス家が真実の王家だとわかる。

リーブス会長が中央憲兵のケニーに暗殺される。

父親との再会で洗脳されたヒストリアは、グリシャに奪われた始祖の巨人と進撃の巨人をエレンから奪還しようとするが、不戦の契りで王家は始祖の巨人の力を使えないことが分かり、エレンを食べるのを止める。


ロッド・レイスは自らを超大型に巨人化して暴れる、この時にエレンは硬質化の能力を注射して崩れる洞窟から仲間の全滅を防ぐ。

その後正式にヒストリアが王として正式に発表される。

進撃の巨人の流れ、時系列で解説、最新話まで

エレンの記憶からキース教官が記憶の中の調査兵団の男と思いだし、キースの話でグリシャが壁外から来た男だと判明する。


壁外の情報を手に入れるために、グリシャが残した地下室へ向かう為、ウォールローゼ奪還作戦を開始。

手始めにシガンシナ区の穴をエレンの進撃の巨人が手に入れた硬質化能力でふさぐことに成功する、しかしライナー、ベルトルト、ジーク達の襲撃を受ける。

進撃の巨人の流れ、時系列で解説、最新話まで

調査兵団は死闘の末ベルトルトを倒し、ライナーとジークも追い詰めるがあと一歩で逃げられる。


そして調査兵団の生存者はわずか9名で団長であるエルヴィンは死亡アルミンは重傷だったが巨人化の注射を打って巨人化、ベルトルトを捕食することで知性巨人となり生き延びた(超大型巨人継承)

激戦の後、ようやくグリシャの残した地下室へ行ったエレン達一同は、グリシャが残した今までのグリシャの歴史が記された本とダイナ、ジークとの写真を見つける。

これにより壁外の世界の情報が手に入り、同時に世界を相手に戦う必要があることを認識する

進撃の巨人・851年

エレンやアルミン、ミカサ達が初めて海を目にして感動する。

進撃の巨人・854年

舞台はマーレ国へ。
中東連合と戦争をするマーレは獣、鎧、顎、車力の巨人の力で勝利を収めるが近代文明の兵器により鎧の巨人の硬質化を貫かれたことにより、巨人の支配の終わり、つまりエルディア人の価値がなくなる日が近いことを悟る


マーレ国は巨人に頼らない近代兵器の開発を将来的に目指すと同時に、短期的にはパラディ島の制圧、始祖の巨人を奪還して国力を強化することを決める。

そんなさなかマーレ国に侵入していたエレンとライナーが4年ぶりに再会する。

エレンはライナーとの対話中に建物内で巨人化、外で巨人の歴史について演劇していたタイバー家の頭首ヴィリーを片手で切り裂き殺害。

進撃の巨人の流れ、時系列で解説、最新話まで

 

その後タイバー家の戦槌の巨人とエレンや合流したミカサ・アルミンなどの調査兵団が戦い、死闘の上エレンが戦槌の巨人を捕食、戦槌の巨人を継承する。

 

しかし、撤退中のエレン達の飛行船にガビが侵入、サシャが殺害される。

進撃の巨人の流れ、時系列で解説、最新話まで

同時に今回のエレン達の襲撃計画がジークの協力により準備されていたことが判明した。

進撃の巨人の流れ、時系列で解説、最新話まで

ジークは味方なのか、エレン達はこの先どうなるのか。

はたまたエレンは既に継承者候補に捕食されてしまったのか・・?

進撃の巨人の流れ、時系列で解説、最新話まで

2018年6月時点

まと

いかがでしたでしょうか?

進撃の巨人の話を時系列でまとめました。

今まで進撃の巨人を飛び飛びで読んできた人は話をようやく理解できたのではないでしょうか?

または、話をよく分かっていなかった方も時系列にまとめることで考えを整理できたのではないでしょうか?

進撃の巨人最新刊までのストーリーを時系列にて紹介していますので、今後もまとめを更新していく予定です。

それにしても、進撃の巨人ファンとしては、早く続きがみたいですね^^

 

Share

スポンサードリンク

この記事も良く読まれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

Share
Share